FC2ブログ

archive: 2015年08月01日  1/1

記憶の上書き

野山を駆け巡る風が、髭をくすぐり、鳥のさえずり、虫の羽音が耳に優しく響く。小さな女の子の笑い声、かわされる親子の会話、のんびりした歌声・・・人が生み出す音が、耳に心地よかった日々。 そんな日常の中の突然!有る日を境に、心地よい音が消え、遊び相手だった鳥や虫を、蛙もヘビも、枝も葉も土も・・・・・食べる為に、追いかけねばならなくなった日々。  我が家に迎えて、4年目の夏。バサバサだった毛皮は、すっかり...