fc2ブログ
23
2021

留守ですよ

CATEGORYおっちゃん
おっちゃんが、
仕事部屋に籠っていたり、
ちょっと、出掛けていたりで、
顔が見えない、気配がしない・・・と、

 留守ですよ1


ドアに向かって
呼びかけるお嬢さん。


「今日は、お留守ですよ~」

 留守ですよ2



で、一応、納得してくれたり、

 留守ですよ3



それでも、不満そうだったら、
ドアを開けて、
確認してもらったり。

 留守ですよ4

 

(* ´艸`)

 留守ですよ5


おっちゃんの姿が見えないと、
ぷりぷりモードになるお嬢さんに、
重要なお知らせがあります!


よんちゃ~ん、今日からおっちゃん、
少しの間、入院で、留守にしますからね~(;´∀`)

おばさんと、楽しい仲間たちで、
力を合わせて過ごしましょうね♪



そんな訳で、
普段は、4本の手で4を見ている我が家。
今日から、2本の手、時々お仕事で留守番付きになります(-_-;)
なので、ちょ~っと、ブログの訪問、コメントが出来なくなるかもです。
更新は、たとえ、1枚写真、内容無いよう~でも、
入院先から、おっちゃんが見るので、出来るだけ頑張る予定です。


追記に、少々、おっちゃんの病気の事を。



いい猫バナー
*バナークリックで飛びます!


人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

ねこぢるし - にほんブログ村宜しければ♪

おっちゃんは、大腸憩室(☆)持ち。
憩室症の人でも、「憩室が何個ある」とか、数の把握が出来たりするのですが、
おっちゃんの場合は、「憩室が沢山ある」です(-_-;)
十年ぐらい前には、炎症を繰り返し起こしたりで、
大腸を20cmぐらい、摘出したことも。
食事にも気を付けているのですが、体質が原因な部分も大で。
で、ここ数年、
憩室炎を起こす、抗生物質を飲む、暫くすると膀胱炎になる、抗生物質を飲む。
このサイクルを、繰り返す様になりました。

憩室炎と膀胱炎の因果関係を掴むまで、
それこそ、近所のクリニック、大腸を摘出した大き目の病院、
そこから紹介された巨大病院・・・と、
通って(その間、ほぼ毎月抗生物質を飲み続けていました)
今回、やっと、まともな医者に出会い、
原因を突き止める事が出来ました。
S字結腸と膀胱が癒着し、そこにトンネル状の瘻孔が出来ていると。
それで、今回の入院、手術になりました。

コロナ禍の入院手術なので、私は手術中も、自宅待機です。
役所で高額治療の減額手続きとか、
病室にも通えないので、ここ数日、その準備でバタバタしていました。
今後の経過は、また、追記で。
おっちゃんの状態が回復してきたら、
インスタの方の更新もあるかも??です。

Tag:ねこ大腸憩室炎