fc2ブログ
02
2021

現状維持を末永く

CATEGORY猫・健康
病院の待合室でのお嬢さん♪

 病院のお嬢さん

お嬢さんの病院は、用個室の待合室があるので、
キャリーを開けて、
リラックス出来ます^^v


週一で、補液に通い、
約35日ぶりの、血液検査。

 現状維持を目指そう

10/26 BUN値 45.0   CRE値 2.6

12/01 BUN値 43.6   CRE値 2.4


中々、イイ感じの現状維持を保てています。
これからも、現状維持を出来るだけ長く続けていくことを目標に、
頑張ります♪

家の病院は、今まで、注射や補液などは、
診察室から、奥の処置室に移動し、
飼い主人間が、見えないところで行っていたのですが・・・
我が家のお顔は可愛いけれど行動は猛獣のお嬢さんw
主治医も、色々考え、悩まれたんでしょうw
ここ何回かは、
私が、お嬢さんの首の後ろをオカンクリップしながら、
(母が、仔を咥えて運ぶ場所を掴むことで、が大人しくなるポイント)
抱っこで保定し、
おっちゃんが、私の背後に回り、お嬢さんの見える位置で励ます・・・って
スタイルで、定着してきました♪
患者家族が保定する事には、賛否両論があると思いますが、
主治医と相談の上、一番お嬢さんがリラックスし、
ストレスが少なそうな方法なのと、
将来的に自宅補液になった際の練習も兼ねて、このスタイルで行っています。
補液が終わって、キャリーに抱き入れる際、
必ず、抱っこ係の私に、「シャー!」付きパンチが出ますがwww
でも、帰りの車では、もう、普通に撫でてるんで、
お嬢さんの「シャー!」は、「もう!ぷんすか!」って言う、捨て台詞のようなモンかとww


先日、フリーズドライのフードを記事にした際、
封を切ったフリーズドライのフードを
「私は、冷蔵庫で保管する」って書いたところ、
「冷蔵庫の匂いが移る」や、「冷蔵庫ではない冷暗所が望ましいと聞いたことがある」などの、コメントを頂きました。
で、メーカーのママクックさんに、問い合わせたところ、
とても丁寧なメールを頂戴いたしましたので、一部原文のままでUPしますね。

『結論から申し上げますと暗所常温をおすすめいたします。
フリーズドライの特徴としまして、水分を微生物が活動できないレベルまで
乾燥し腐敗を防いでいます。
冷蔵庫の環境自体は乾燥されていて望ましいですが、冷蔵庫外との気温差
で結露を起こし、製品に水分を移してしまう機会を増やすため管理が難しく
なることから、あまりお勧めはしていません。
冷蔵保存でも常温保存でも、あまり大きな違いは無いためリスクのない常温
をおすすめする次第です。
匂いに関しても、臭いの強いものがありますと臭いは移るものと思います。

開封後はバリア性を失い品質は徐々に落ちてはいきます。
これは、腐敗などとは別の変化で酸化を起こします。
酸化は食中毒を起こすようなものでは無いのですが、単純に美味しく無くなります。
揚げ油が古くなると美味しくなくなっていくようなイメージです。』


解からんことは専門家に聞く♪ですね~^^



** 単なる隣の晩御飯 **

遂に登場!牛筋カレーです♪

 晩御飯牛筋カレー

牛筋の下ごしらえから・・・で、
柔らかく煮た牛筋を煮汁ごと、冷蔵庫で冷やし、
固まった脂を取り除く・・・って過程が加わるので、
二日がかりの超大作ですw
この固まった脂を取り除く作業が、超楽しいww
めっちゃ、「ええことしてる感」がありますw
残った牛筋は、冷凍しておけば、おでんや、煮込みに大活躍するから、
昨日、一昨日で、2kgの牛筋と格闘しましたよww
お陰で、ブログ周りが遅れてしまって、ゴメンナサイでした(;´▽`A``



いい猫バナー
*バナークリックで飛びます!


人気ブログランキング


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

ねこぢるし - にほんブログ村宜しければ♪

Tag:ねこフリーズドライママクック