01
2015

記憶の上書き

CATEGORY三助
野山を駆け巡る風が、髭をくすぐり、


鳥のさえずり、虫の羽音が耳に優しく響く。




小さな女の子の笑い声、かわされる親子の会話、


のんびりした歌声・・・人が生み出す音が、耳に心地よかった日々。





 上書き2




そんな日常の中の突然!




有る日を境に、心地よい音が消え、


遊び相手だった鳥や虫を、


蛙もヘビも、枝も葉も土も・・・・・



食べる為に、追いかけねばならなくなった日々。




 
 上書き1




我が家に迎えて、4年目の夏。



バサバサだった毛皮は、すっかりスベスベ、ベルベットの手触りになり、



ふっくら、柔らかな肉体はほこほこと光を集め、



溢れんばかりのほほ肉に、幸せを詰め込んでいる・・・って言って貰えるようになったね。






 上書き3





そんな、油断と隙に毛を生やしたら三助になる!



とまで、言わしめた彼の日常でも、



どうしても、払拭されなかった記憶、それが、飢え。。。。。






小デブの坊ちゃん、


ただ一つの吸引力の変わらない


バキューム食い、ジャンピングアタックで、カリカリを狙い、


同じ器を並べても、必ず、他の子の器に頭と手を突っ込む。



隙あらば、もふんとした手で、自分の方に器を引き寄せる。


誰かが残そうもんなら、普段の4倍速の驚くほどの身の速さで駆け寄り、


まずは、こぼさせてから、吸い込んでいく・・・・・






 上書き4





何度、彼が巻き散らかしたカリカリを拾い集めただろ???



彼が頭を突っ込んでいる他の子の器に、掌を差し入れただろ?





肥満は万病のもと。



おばさん、もぉ、ボクは、お腹いっぱいだぉ~♪



本当は、心ゆくまで食べさせてあげたい・・・そう思いつつも、


彼の、無限な食欲と、向き合わねばならなかった。






四年目の夏。



彼は、残すことを覚えた!!



 上書き5





お腹が空いた!!!!!


って彷徨い歩いた日々の記憶が、払拭されたのならいいな。




数粒残したカリカリを、暫くしてから、食べにくる彼の後頭部に、


一辺に食べなくても、無くならない。


同じ様な時間になったら、また出てくる。



って、飢えの記憶に上書きされたのなら、嬉しいな。






そんな、気持ちの余裕、ゆとりが、感じられるようになった今年の夏。




もう、二度と飢えさせないっ!





お外で暮らす子達、

家族を、ご縁を待つ子達にも、

悲しい記憶は払拭され、辛い経験が上書きされる日が、早く迎えられますように。。





ご訪問、応援、いつもありがとうございます。

見て下さる方が居て下さるから、応援して下さる方が居て下さるから・・・
そんな気持ちを更新の励みにさせて頂いております。


週末の土日は、関西方面出張で、激務です。
コメント欄と、日曜日の更新は、お休みしますね。


banner.png



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

坊ちゃんを飢えさせないためにも、おばさん、頑張らんとね~♪

Tag: