31
2015

外の世界

CATEGORY三助
窓の外の鳥の声に、耳を傾け、



窓辺の虫を目で追いかけ、




風の匂いに鼻をうごめかす。。。。。





 外の世界





外の世界に、興味は示しても、




決して、出たがらない三助の、背中や、後頭部に、




保護されるまでの外の生活で受けた、




心の傷の深さや、苦労、恐怖、




嫌な思い出が、垣間見えていた。







 外の世界5





四年目の今年の夏、




飢えの記憶の払拭、上書き(☆)と同じ頃、




彼は、初めての一歩を、踏み出してみようと思ったのか???






 外の世界2






よんきちが、まだまだ掌サイズだった頃に、


油断から、一度、ベランダから(3階)、落っこちさせてしまったことがあり、


 (で、身体が軽かったこと、下が植え込みと土だったことなどのラッキーで、無傷で済んだ。



それ以来、心配性のおばさんは、ベランダも、完全立ち入り禁止にしていた。



もっとも、完全立ち入り禁止・・・っていう割には、誰も出たがらないので、



万が一ついてきていたら???



ドアに挟んだりしない様に・・・・の、開け閉めを気にする程度なんだけどね。






 外の世界3





三助は、動きもスローで、この折り戸で、必ず引っかかり、ゴロンと寝そべるし、




ばびゅーんと、飛び出すことも無いので、生暖かく見守れるから・・・ね、





ベランダ推奨はしないけれど、





それより、怖かった外の生活の記憶が払拭されたのか、





彼が、帰る場所がある安心感での、余裕の行動なのかな??





って、少し嬉しく思えたり♪






 外の世界4



でも、次の瞬間に地震が有ったり、突発的に何があるかは、解らないから、


心配性のおばさんは、これからも、ベランダ開放はしないだろうけどね。



三助の、見えないけれど硬くなっていた心の部分が、


少し、解けたかも・・なって思えた、今年の夏の出来事だった。


色んな辛い事も、時間が解決してくれる場合もあるんだよな~





そして、まだまだ心の傷が癒えないのかな?の、ひゃくおくんや、

ビビりん坊主のといぼん、

おっちゃんが一番のお嬢さんも、外には出たがらない。

も、人も、それぞれで、それでいいんだと思う。



今日で、8月も終わり。

も人も、それぞれで、無理しない無理しない♪

今が全てで永遠に続くわけじゃ無いからね。






いつも、訪問してくださってありがとうございます!
見て下さる方、応援して下さる方々、お一人おひとりに感謝です。

只今、勝手ながら、コメントのやり取りはお休みさせて頂いて、応援だけにさせて頂いています。ごめんなさいね。


banner.png



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* 10月1日~31日まで開催される吉祥寺ねこ祭り

  『むさしの地域の会』へのチャリティーイベントの写真教室や写真コンテストなどの、

  詳細は、コチラから ふるってご参加くださいませ♪

Tag: