02
2016

その瞳に宿るヒカリ

CATEGORY呟き

昨日の、悪ガキコンビの記事を見て、

今、外で見かける子を何とか、自分ちの子にしたい・・・

って、距離を縮めようとされてる方から、

「庭のガラス戸越しに先住と対面させているんだけど、

ほんなさんちでは、どーゆー段階を経て今に至ったのでしょう?」

って、ご質問を頂いたので。。


我が家では、保護団体さんから迎えてすぐ、

病院での検便血液検査、健康診断、

色んな匂いを家の匂いにする&全身の身体検査も兼ねて、シャンプーをします。


で、大抵、、みんなお腹にペットを飼っていたりするので(笑)、

検便がOKになる2週間ぐらい、

部屋ごと隔離、もしくは、ゲージ生活を、して貰いました。



 昔話し1
 @ といぼんVSよんきち。 この最初で、ふたりの上下関係、力関係は決まったwww

    今は、といぼんの方が、身体もでっかいけど、今もってよんきちには、頭が上がらず、

    でも、好きだから、タコ殴りにされるのに匂いを嗅ぎに行ったりしているというw





隔離生活の間に、新人さんのトイレに、先住のトイレの砂を入れて、匂いの情報を伝えたり、

隔離しながらも、気配、声、匂いは、できるだけ、解る様にさせていました。



 
 昔話3
 @ 三つ子の魂百までも! 好奇心旺盛で、わくわくしながら覗きに行くけど、

    本来のビビりん坊主の性格が出て、びっくりぼん!なといぼんww

   でも、シツコイ性格も昔からなので、怖いけど見たい…見たいけどちょ~~っと怖い?

    を繰り返して、そのうち、その心の葛藤が訳わからなくなり、

    ゲージにしがみ付いて覗き込んで、誰よりも大胆な行動をとってましたw

   そーいえば、その時から三助は、周りをウロウロする白黒に動じてなかったわ(笑)



家では、基本同士の関係に過干渉には、ならない様にしていますが、

隠れたそうな子には、隠れれるような場所やカバーをしたり、

距離をとれるような家具の配置、部屋作りをしたり・・・


人間が出来る範囲で、人間側がすべき環境づくりは、ケースバイケースでやりましたよ^^

ひゃくおくんの時は、耳に酷い炎症が有ったので、

馴れて貰うより前に安静とその治療で、隔離個室+ゲージ+全面覆いで過ごして貰いました。


我が家での経験が、何か参考になればいいのですが・・・

さん、上手く、迎え入れて貰えるといいなぁ~♪



ちょっと、長くなるのですが、

昔の写真と見比べて、思った事。


 昔話2



そりゃ~色んな身に着けたモンとか、

これ、詐欺やん~~って位、輪郭とか諸々変わった点は、置いといて(;´▽`A``




最初は、といぼんも、三助も、ひゃくおくんも、

逃げまどったり隅に隠れたり・・・の態度の違いはそれぞれの性格で違ってたけど、

みんな、みんな、


ボクハ、コレカラドウナルンダロ????


そんな不安が一杯の目で見ていたなぁ・・・って思い出します。


ごくごく普通の、い~~っぱいいる猫さんと変わりのない我が家の猫達だけど、


「いつも、イキイキと楽しそう」


そう言って頂けると、本当に嬉しい!


不安でいっぱいだった瞳に、楽しいのヒカリを宿してあげれたのかな~?って!


 昔話4


外猫さん、保護猫さんや里親募集の子達の写真を見るにつけ、

その不安そうな瞳に、穏やかで、楽しいのヒカリが宿ることを、願っています。



いつもご訪問下さり、ありがとうございます。

ひと手間を掛けての応援クリック、感謝感謝です♪

コメント返しもお返事も出来ないので、コメント欄は、〆させていただいていますが、
何かございましたら、拍手コメント(非公開です)か、メールフォームに、宜しくお願い致します。

banner.png



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



Instagram おっちゃんのInstagramのページです。


Icon Cat  LINEスタンプは、ココからどうぞ♪
スタンプ

Tag: ねこ 保護猫 里親募集