10
2016

梅雨の季節の過ごし方

CATEGORY猫との日常
連日、カラッとした青空は、拝めないし、

かといって、潔く降って、貯水池の水がめを潤すほどの雨も無いし、

ジメ~っなような、重だるいような日々が続いている関東方面、おばさんち地方。



こんな梅雨の季節、


我が家の毛皮族は、相変わらずで、


 涼を取る1



そこここで、絶賛開いちゃ~


ガラスや、アルミサッシで、涼を取る。


(過去記事参照同じ様な写真だけど、毎日の事なんで(;´▽`A``違う写真ですw)




 涼を取る2



開いて落ちてるを踏まぬよう、


に蹴躓いて、転ばぬよう、


下を気にしつつ歩く!!


それが、この季節の風物詩




 涼を取る3



そして、ガラスに押しつけられた


暑苦しい毛皮を見乍ら、


「窓ガラス、拭かなあかんわ・・・(-_-;)」


そう、心に誓うのも、この季節の風物詩。。。



 涼を取る4


たしか、去年の梅雨にも、「ガラス、拭かにゃ~」って、決意だけして、

年の瀬には、「大掃除は夏にするのが理に適ってる!」 って、

先送りしたのを思い出すのも風物詩( ̄▽ ̄;)

季節に関係なくしろよな・・・って話なんだけどねw


本日は、また出張だ!

ああ、またガラス掃除が出来ない理由が出来ちゃった♪




ひと手間を掛けての応援クリック、感謝致します。

コメント返しもお返事も出来ないので、コメント欄は、〆させていただいています。
何かございましたら、拍手コメント(非公開です)か、メールフォームに、宜しくお願い致します。

banner.png  にほんブログ村 猫ブログへ
                                にほんブログ村

Tag: ねこ 梅雨 風物詩